1日1日いちぴーす🧩

やがてきらめくパズルが完成。その名もglitter puzzle.

本との出会い

『うつヌケ』という本を読みました。

『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』 (田中圭一) <角川書店> こちらの本を読みました。 漫画です。絵が親しみやすく手に取りました。 わたし自身、現在は「うつ」って状態ではないのですが、 「あの頃はうつだったんじゃないか?」って時も記憶とし…

しなくていい苦労はしなくていい

ネガティブがあっても引き寄せは叶う! (だいわ文庫) 作者:MACO 発売日: 2018/11/10 メディア: 文庫 さっき言った 「しなくていい苦労はしなくていい」という言葉は、この方の本から知った言葉だよ! 去年出会った本です 引き寄せは、ほどよく自分に取り込み…

『てぶくろを買いに』

無性にきつねつながりで、 『てぶくろを買いに』を読みたくなりました。 内容は忘れかけているけども🦊🧤👒 脳内ミュージカルは点と点がすべてつながる世界です。

過去のわたしにfeedback.

読んだ本のご紹介です。 『言い返す技術』<五百田達成>(徳間書店) ■本を読む目的が変わりました 「言い返す技術」を数か月前なら今後のために活かしたいというところにいましたが、今はどちらかというと「これまでのわたしの行い」を振り返る(=feedbac…

どうして怒っていたの?

本を読みましたよ。 最近は「感情」にまつわる本しか読んでいません 『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』 <石原加受子>(すばる舎) タイトル通り「しつこい怒り」が消えてなくなる本です!どんとこいやっ! 著者の方のお名前が素敵だなと思いました。…

Bluetooth CONNECTEDのような世界

はい、おはようございます。 Bluetooth CONNECTED. Bluetooth CONNECTED. Bluetooth CONNECTED. ということで、昨日真夜中目覚めまして 本を読みました。ぺらぺたと読む程度でしたが、 おもしろいページ、おもしろいことが浮かんだのでご紹介します。 『図解…

プロフェショナルが伝えたいこと~認知行動療法を教わる~

みなさま、こんばんは。 本を読みましたのでご紹介します 「認知行動療法」の本を読みました 『「認知行動療法」のプロフェッショナルが教える いちいち❝他人❞に振り回されない心の作り方』 <中島美鈴>(大和出版) こちらでございます。 ■タイトルから感…

プログラムの修正

「認知の歪み」 最大のテーマとして掲げます?!(自問自答) それは置いといて、 ふいに昔のアルバムをめくったり、 実習日誌の評価を読みたくなった。 クローゼットの取り出しやすい位置に意図的に置いてきたものの ほんとうに見たくないものでした。 ふと…

「人見知り」という切り口からの社交不安障害②

はい、またまたわたしです。 『大人の人見知り』<清水栄司> (ワニブックス) ささっ~と、あのあとこちらの本を読み続けることができました! これまで「社交不安障害」の本は途中から薬物療法や診断の方法など専門的になることがありましたが、 こちらの…

「人見知り」という切り口からの社交不安障害①

はい、どうも。 今日本読んでいます まだ少しだけ。 こちらの本です。 『大人の人見知り』<清水栄司> (ワニブックス) うん。16ページまでよんだところで早速本のご紹介です。 ■「人見知り」という切り口から■ まずこの本の背表紙だけみても、わたしはこ…

新技術を知る~言い返す技術の巻~

先日「言い返す技術」というフレーズが目にとまり、大変気になりました。 「そ、そんな技術知らなかった!」と思い、本まで出ているんだと驚きました。 これまでは、「聴く技術」「アサーション(丁寧に伝える技術)」なんていうのは、本で読んできました。…

やさしくわかることから・・・

はい、全国のみなさんこんばんは! 7月13日月曜日でございます さいきん「精神」系の話題が増えつつあるんですけども、 わたしがそういう部分を改めて知ろうと思う機会が増えています。 そういうときに「図解」や「やさしくわかるシリーズ」があるので、 手…

「対人恐怖」とは小動物的な構えなのか

全国のみなさん、こんばんは! 7月9日木曜日でございます。 本日も本の紹介をいたします さいきんわたくしが詳しくなりたいと調べているジャンルです。 前回にひきつづき。 トマトの絵ですね、表紙が 『あがり症のあなたは<社交不安障害>という病気。でも…

「社交不安」の中の特にshame.

わたくしが読んだ本をご紹介いたします。 唐突ですが、先日「社交不安」というkeywordと出会いましたので それに関する本を読みました。こちらでございます。 『社交不安障害』<岡田尊司>【幻冬舎】 あるタイミングで「対人恐怖」というお話をさせていただ…

再演されること

情報を詰め込んですっきりする。脳内ぷよぷよ。 先ほども書きましたが本を読む中で、 「スキーマ」「刷り込まれる」「植え付けられる」このwordが本日はピンときました。 過去に取り込まれたものによって「再演」されるっていう表現も本の中にはありました。…

「敏感すぎていつも不安」だったね

予約図書を借りに行きました。 図書館の本、ひさしぶりに。こんばんは。 HSP関連の本を一気に借りていました。結構予約数も多いジャンルです。 これからこの言葉がもっと知られるようになるのかな。 さすがに予約しすぎていたので、一部はキャンセルやら削除…

『サバイバル』

たくましきリーダー・サトル このタイミングで 『サバイバル』を読むのは、緊張感や不安を煽る気もしたけども。 一気に読んだ another storyは初めて読んだ。と思う。 サバイバルに生きるサトルの印象が記憶に残っていたが、 サトルは最後の方は、 気づいた…

刺激されるツボ

『耐え子の日常』という漫画が好きで、さいきん『ヤバにゃん』も面白いと思っていました。 作者の方が同じでした。びっくり。 刺激されるツボは同じなのかも。

犯沢さん

犯人の犯沢さんの5巻。 面白さアップしていた。 「このくだりなんだっけ?」と思い出せない時、悔しい。。

「敏感すぎて苦しい」のこれから

HSPについての本をさら〜と読んで ゆっくりゆっくり理解が進む話に。 やや前回より医学的な話もある本です。 (ニューロン?脳の話やうつとの違いなど) 今まで「イライラ」「気にしすぎ」そういう言葉で締められていた部分の基盤がわかってきたような… こう…

「敏感すぎる人」の折り合い方。

またこの話題になりますが、 「敏感すぎる人」という意味合いで、 HSPの本が結構出ています。 「敏感」「些細」「動揺」「傷つきやすい」みたいな言葉で、 今は表現されているひとつの名前なのかな? 今年は詳しくなりたいひとつの名前になっています。 ささ…

読書

ひとまず切羽詰まったイメージは洗濯されるかも

予約図書との時差。

予約していた図書が届いたそうなので、 特に何の本かも確認せず窓口へ。 そしたら2冊受け取ったのですが、 なんでこの本借りようと思ったのだろう、っていうくらい 予約時との温度差を窓口で知る。 『転職と副業のかけ算』っていう本と、 『会社で働きながら…

『ココ・シャネル力  学校では教えてくれない77の言葉』

はろーきてぃ! 眠れなくなりました。 というより起きていようと思いましたわ⌚ せっかくなので借りてきた本を読むことに 『ココ・シャネル力 学校では教えてくれない77の言葉』 八坂裕子 株式会社サンリオ 先日、先月?いつ? シャネルさんの本をご紹介され…

仕込み感覚とは…

とある日の 自然界からのメッセージ。 この本がほんと怪しい本のページだったら、誤解を招きそうで怖いのですが。 わたしはただこちらの1ページをとある街中で拾い写真撮って、とある場所に置いときました。 さすがに後日またその場所を見たら、 もう無くな…

やねうらおばけという文字が背表紙からわたしの視界に存在感を示してきた。

やねうらおばけという文字が背表紙からわたしの視界に存在感を示してきた。 (読点の入れ方はどこに。) さっき図書館でみ~つけた本 背表紙の文字が、わたしに存在感を示してきた感じ 立ち読みした。 ちょっと顔は苦手。 「だのに、そいつはくまちゃんをは…

ー色んな仕事を知る本ー

この前読んだ本です。 就活生向け、とのことですが、 転職活動中のわたくしもぜひ読ませてください。 そう思いました。 世の中大きく分けて、業態は、 ・製造業(ものづくり) ・流通業(商品を売る役割) ・サービス業(サービスの提供) ふむふむ。 勝手に…

P133拾いました。

先日『マツコの知らない世界』 ご覧になられましたか? なかでも宇多田ヒカルさんとの 「落し物の世界」おもしろかったですね あっ…わかる。 わたしも、それある。同じ気持ちある。 って、思いました。 (共通項、感じたい。) そんな中、わたくしは本日! …

ドラゴンボール。

ドラゴンボールですきなところは、 亀がわかめも添えてほしいって言うところ🐢

交流が広がる、その場所は・・・

来年も、本欄を通して読者の皆様にすてきな出会いがあるようにと願っている。 読売新聞 2019年12月30日(月曜日) くらし 22 より引用 『ぷらざ 投稿者と交流広がる』 何の話?といいうことで、 本日の新聞読みまして、わたくしが心に届いたお話をしたいです…