GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

気質に関する話

夏に初めて「HSP」って言葉を知ったんですよ。

 

それまで精神福祉の勉強の中でも、

多分聞いた覚えがなくて・・・。

 

それで、この言葉を

夏にふと知ったのね。新聞で。

 

もちろんそれがどうで、どうだとかいう話はしないんだけど。

 

そういう気質に、そういう名前があるんだって。

そういうひとつの分類というか、世界があるんだって知って。

 

それをこうかもしれないっていう風に言うのも

なんか自分から言うのもっていうのもあるんだけど。

 

これは、どう理解されるんだろうっていうか。

それを伝えられるのって本人からじゃん?

 

こういった気質に関する訴えというか、

状況説明の理解って難しいですよね。

 

近しい人に、そういう存在がいれば、わかるまでのはやさもはやいし。

ものすごく人に対して、相手を見て、キャラクターをキャッチしてくれる人だったりすれば、また理解もされやすいけど。

 

いろいろね。

 

わたしのとって、

新しい言葉を知って、

今まで気体だった部分が固体になった感じ

(説明力)

見えやすくなったって言うのかな。

 

みんなだから、そこの延長線上のどこかというか。

起点があるならそこの距離具合っていうのかな。

 

その名前が自分の中にあるかないかだけじゃなくて、

どちらかかっていう見方じゃなくて。

 

その幅の具合って言うのかな。

そのあたりのキャッチなんだよね。

 

って、わたしは思って生きていくわ。