GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

朝ドラ『スカーレット』140話「小さな希望を集めて」

140話台突入。

いよ!

 

きょうは、

全体的に

「距離の取り方、詰め方」みたいなものをキャッチしたね。

踏み込み方というか、入り方というか。

 

あー行っちゃったとか

あー断られちゃったとか

で終わらないで…

 

人間が距離を縮めていた。

 

あと武志の言わないけど、体調不調の見える部分に気づいて、そこに触れていくゲームセンターの上司とか🦖

 

 

やすださんのところでは、

わたしの涙腺は刺激された。

やすださんの現在の状態に正直合わないテンションが入ってきて、最初から気持ち乗らなくて。

ぐいぐい入ってくる情報がしんどかったと思った。

 

それで、やすださん行っちゃって。

そういう人に対しての向き合い方が、

喜美子はどっしりしている。

やっぱり直子と生きてきたから、

そういう人の心をつかもうと努めるのかなって思う。

慣れているし、ついていくっていうのかな。

 

それでやすださんは、

「やらせてあげればよかった」みたいに言うまでの流れと、その後悔の言葉の強さが、わたしの涙腺を刺激しました。

 

すごい機嫌悪いからじゃなくて、

そういう自分への葛藤もあって。

 

そのあとに好きな色の話とか喜美子は投げていて、やすださんも笑顔になったじゃん。

 

あそこまで持っていけるのは、

やっぱり喜美子の人間力だなと思った。

ああやって落ち着いてさ。

 

わたしも、そういう人に救われてきたと思った。肝の座り方が、ちげえというか。

自分だって大変なのにね、喜美子。武志も。

 

石井も、「待てや」とか言っていた。

その一言、言えるかなんだよね

 

ほんとうは好きなのに、避けようとするパターンの武志ね。

そこに踏み込んでくれる石井にも救われた。

 

今回やすださんや石井のシーンが良かった。

もちろんちや子さんにも救われたけど、

ちや子さんだけじゃなく、

また新しい人間関係が生まれていることを知った。

 

 こういういい方になっちゃうけど、

向き合う「1」のうしろに何人いるかもあるんだよね。

味方がそれだけ増える。

f:id:GlitterPuzzle:20200316221403j:plain