GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

扉が開かれた時~ザ・キーと出会って~

この前話した本を手にしたよ~🔑

ザ・キー ついに開錠される成功の黄金法則

『ザ・キー ついに開錠される成功の黄金法則』

<ジョー・ビタリー>(株式会社イースト・プレス

 

■率直な感想

ひさしぶりにぱらぱらと読んでみたよ(ほんと流し読み)

「あれ?こういう内容だったけ?」っていう浅い感覚でした。

 

■この本との最初の出会い

2018年ですねー

なつやすみ?に入るときかなんかに、

図書館に行って、自己啓発コーナーで背表紙が光っていた感じです。

ザ・シークレット』がすきだから、似たような本かな?と思い手にしました。

 

■2018年のわたし

とにかく人への恨みがひどかったです。

+「なんでこんな現実引き寄せたんだろう?」って思うくらい、

自分の持ち物や身の回りを否定していました。

 

■2018年に読んだときの感動と、いまはちがう。

2018年に読んだときは、もっと食い入るように読んだし、

何かこの本が救ってくれるっていう、すがる様な気持ちもあったと思います

だけど、いまはこの本読んでも「あれ?もっと響く言葉があったはずなのにな」

という薄い反応でした

 

■この本に出てくる大切な言葉

「クリア」っていう言葉が大切だとこの本では紹介されています。

 

f:id:GlitterPuzzle:20210824184604j:plain

↑「CLEAR」って言葉を大切にしていたときもありました↑

(黒い手帳のオレンジの付箋)

 

まあ、自分の心をクリアにしておく、クリアにするっていうことの大切さかな。

(詳しくは本読んで~~~)

 

■本を通して気づいた感覚

うん。ぜんぜんいまのわたしには響かなかった・・・

それはがっかりというより、あの2018年から脱却できたとも言える。

 

あの時、「許し」っていう方向性に自分をもっていかなかったら、

いまも誰かを強く恨んで、現実を否定していたと思います。

 

本の力は大きいし、本を読む感覚を通じて、自分の成長に改めて気づかされました📚

 

■結論

ま、ときどき図書館行って、背表紙がなんか光っている!って本があったら、

手にしてみるといいかもね~。全部読まなくても、ぱらぱら1ページだけでも、

なにかメッセージをキャッチして自分のものにする。

そうやって自分の域を拡げていく。

 

あまり本の詳しいご紹介にならず、言葉足らず、すいません。

まあ、別に謝らなくてもいっか。

 

そういうことで、また何か本と出会ったら紹介しますね。

 

みなさんの心の扉が開かれ、

素敵なものをが入ってくることを祈っています!

 

ではまた会いましょう。