GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

『うつヌケ』という本を読みました。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 【電子書籍限定 フルカラーバージョン】 (角川書店単行本)

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

田中圭一) <角川書店

 

こちらの本を読みました。

漫画です。絵が親しみやすく手に取りました。

 

わたし自身、現在は「うつ」って状態ではないのですが、

「あの頃はうつだったんじゃないか?」って時も記憶としてあります。

 

この本はコミカルに、絵を使って

「うつ」という存在と闘ってきた人の実話が乗っています。

 

人それぞれの症状、状況があって、

どうやってうつから抜けてきたかにも注目されています。

 

専門的な精神の本より、より身近な問題として

感じられる本だと思います!

 

先ほど述べた

「あの頃はうつだったんじゃないか?」っていうきっかけとして、

わたし自身は

「自分は必要とされていないんじゃないか・・・」という

役割の喪失みたいなところが大きかったと思います。

ほかにも「受け取るメッセージの内容が否定続き」だったりすると、

ダメージによって自分の思う自分の価値が下がったりしていきました。

 

いまは「うつ」っていうところは遠いところにある気がします。

なので冷静に客観的にその時のことを考えることができますね。

 

親しみやすく「うつ」を知ることができるきっかけとなる本でした。

 

今の病状「不安障害」とは少し違いますが、

「ヒント」もあったり、過去経験していたことに情報が加わって、

読んでよかったと思う一冊でした📚📚📚