GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

TODAY IS スカーレット一週間

スカーレット一週間を観ながら晩御飯を🍚

 

今日が私の1日なら

私は…だろう

 

武志のを読んでからだと、

何も書けないね。

…だろうに「過ごす」を組み合わすのが武志だから。

 

それでさ、

改めて観て

マスクの病室のシーンが良かった😿

あれはさ、あのときの石井は特に!

マスクしていたからこそ伝わる想いや魅力感じた😷

さらに武志の口から病名を伝えたのって、石井が初めてじゃない?

 

「詳しく聞いた?」みたいな言葉から、

(その言い方もすき。)

 

石井の挙動とか、病名を聞いてからの反応とか。

あれはマスクの役割感じました。

二回目で泣けた。

一回めはコミカルにキャッチしちゃったけど。

 

とってもいいね。

石井の方が年上なんだよね?

そこもドキドキする。

 

スカーレット一週間では、

病室にみんなが集まるところは

割愛されていたけども。

 

あのシーンについて思うことを書きます。

視聴者のみんながみんなさ、

ああいう状態の時に、色んな人にお見舞い来てもらえるわけじゃないじゃない。

お見舞いに来てもらえない人もいるじゃないって。

たぶんわたしとかは、ほんとうにそういう立場なんだけど。

 

それで、ストーリーとして武志を観ているんだけど、

心の中の自分はさ、武志に重ねられないっていうか。

 

そういう時に寂しさっていうか、いいなってなったところに

同じように1人でベッドにいる男の子がいて。

そこに自分を重ねるんだよね。

それでどんどん目の前は賑やかなテンションになる中で、

「すいませんすいません」っていう雰囲気や

「ラジオをあげるよ」っていうシーンに

すごく心が温まったんだよね。

 

そういう描写。

そのあたりのキャッチが心を癒すっていうか。抉るというか。捕まえてくれたというか。

 

もちろん武志の話なんだけど、その中で

自分を忘れないでいてくれた、みたいな気持ちなんだよね。

 

以上