GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

朝ドラ『スカーレット』141話「小さな希望を集めて」

なんなの?グルゴサミン?

f:id:GlitterPuzzle:20200316221403j:plain

場面が変わっても、肩が濡れたままの喜美子。

たまにあるよね。次の場面では、もう服が乾いていてなんて。

 

細かいけど、雨に濡れることに抵抗がない人間は好感度上がる◎

 

石井のご家族の不幸を

こういう形で知るのはなんか悲しいね。

もっと距離が近い間柄だと思っていたんだけど。

 

まあこのタイミングで

「コーヒーが良かった」とも言えないかな☕

 

「いつか」会えるとは限らないからね。

ほんとに、そう思うよ?

 

テレビの上の置物3体がかわいいなあ。後姿。

 

重ね重ね「ほな、また」を伝える石井だから。

 

わたしだったら相手を追いつめるように

「さいなら!」って言っちゃうかもね。

自分が言って欲しくないといった言葉を

相手にぶつけてしまうかもしてない。

それは自分が寂しいから。

だけど石井は、

石井は、武志の寂しさに寄り添うとしているんだと思った。

 

武志が「病気やから」って言えたのは良かったね。

それを言われて、石井はどんな反応するんだろうって。

退くことを選ばない石井のスタンスには救われる。

 

 

え??

なんだろう。

最後の描写・・・

 

すごいお天気雨発生で。

その中にある石井の傘?

 

あまり良くない印象だなあ。。

描写としては美しかったんだけど。

明るい予感と思わせつつミステリアスな余韻。

ミステリアスな表現の取り入れ、だな。

 

石井の受け皿というか

受け止めてくれる心を傘で

武志の悲しみを雨で

 

とも受け取れる描写だった。