GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

朝ドラ 『スカーレット』32話「自分で決めた道」

f:id:GlitterPuzzle:20191107133403j:plain

ピーーヨーーーー(笛の音)

知らなかった家族の現状を聞かされ、

頭の中にある思い出が崩れていく喜美子であった・・・。

 

わかりやすく場面を切り裂いてくる笛の効果音はいいですね。

 

いい回だと思いました。何話も積み重ねて見てきたわたしたちと、それを知らない故郷の人たちとのギャップをつきつけられたイメージです。

 

お父ちゃんは、すごい嫌いになった。どんだけ金銭管理ないんだよ。なんなんだよ。

しかも、今度はこうしろ!って感じだし。

 

だけど、そこにぶつかっていた喜美子は、大きくなったね、強くなったね、

って思った。

 

「あの頃とは、ちゃうよ。」

いいセリフですね。信楽いたい~ってあの時の話されてもさ、

あれから喜美子がどんな生活して、頑張ってきた姿を見てきた視聴者としてはね、

そんな軽々しく昔のwordを出してこないでくれと思ったね。温度差感じた。

 

かあちゃんは、ポジティブに勘違いしてお茶目な側面と、

急に相手の感情を察すると切なく黙っていく側面があって、

その両面が、とても魅力的です。

 

妹たちにやさしい喜美子は相変わらずだったね。

直子は、めちゃかわいくなっていた。