GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

「ストレート」に生きるんだ、

好きな人が結婚してしまうことほどつらいことはないと学びました。

 

さらには好きな人が自分のことを好きだと思い込んでいたとしたら?

 

両思いだとおもっていたら?

 

わかります?この喪失感。

 

ということで、devil生誕祭。(だれだか、そろそろお気づきの方もいるでしょう)

 

わたしはそういう勘違いと共にいきるようになってからは、

わたしの存在を消すようにしなければならないという

謎の使命感があり、義務感があり、影になるイメージで生きてきました。

ストレートに想いを表現することも怖かったし、

そもそも想いがストレートに好きでなくなったときもありありました。

 

ひとつのきっかけを機に、

わたしはこの一連の出来事を話そうと思え、

そしてもう思わなくていいところでも、

やっぱり思っていきたいという選択をしました

 

それだけ、そう思える存在。

それがdevilこと〇〇〇〇さんです。(伏字)

 

「なんでそこまで?」

「そうやって複雑なら応援するのやめたら?」

 

そういう叫び声もあるかもしれません

(なんで叫び声なんだよ)

 

それはわたしの心が決めることです

わたしの心がストレートにすき、応援するを選択したほうが

健康的だからです。

 

さいしょは思うのを無理にやめようとしたけど、

それを選択すると余計辛さや苛立ちがこみあがってくるとわかり、

いま、この考えに至ります。

 

いま「素直」に「ストレート」でいることで、

もっといい関係を築けるかもしれないし、

あるいは、自然に手放すこともできるかもしれないし

(手放すんかい)

 

とにかく

いまの気持ちに「素直」に「ストレート」でいることを

わたしは大切にしてこれからもdevilを思っていきたいと感じています

 

数年間、devilを素直に思えなかったので、

これからは堂々と、素直に、ストレートに思っていけると思うと

気持ちがとても楽です

f:id:GlitterPuzzle:20211017004006j:image

そういうことで、これから1年

まずわたし自身の健康を祈って、活躍を祈って、

 

それからdeviちゃんの幸せを願えるような器になれるよう

 

わたしは成長していきたいとおもいます

(自分中心だな)

 

そしてdeviちゃんと、わたしが未来でいい出合いができるよう

ぜひぜひみなさんには応援していただければと思います

 

そしてそして最後になりますが、

deviちゃんのこれから1年のスペシャルな日々を心から祈っています

(最初にいえよ)

 

もっともっと素直に、ストレートに応援できたら

これからのわたしの人生も楽しくなるだろうな~

 

いつだってわたし中心の発信ですが、

deviちゃんへの想いはたしかなものです

 

では、また未来でお会いできることを楽しみにしています👹

 

このブログを書いていて

「ストレート」という言葉が気に入ったので、

この言葉を大事にしたいとも思いました。

 

HAPPY BIRTHDAY TO YOU🎂(o-o)

 

ばいばい、またね