GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

41話 なつかしい長い道

40話から続いて
41話の出だしは救われた

BGMが明るめだったから。


忘れねえよ、この道を。


おじいさんが、
ちび太時代のネロを思い出しつつ
車をひくシーンで、
じわぁっと涙ポイント。

その前に
ちび太時代のネロ
めちゃめちゃかわいい
3パターンくらい?あり、ありがたや。ありがたや。

特に、いっしょに歩き出すところとかかわいい。

とにかく、これからの回は悲しみばかり語りたくないから。
キャラクターのかわいいや癒される部分などは、激しくときめきたい。


フランダースの犬お話前半では
当たり前に車をひいていたおじいさんが、
ネロのうしろに、ゆっくり歩いていて。。

ところどころ
今後を察した上での
おじいさんの発言は、胸がつらい。

ネロは、
ちょっとしたおじいさんの変化を良い方に良い方に考えて、受け止めて、言葉にしてる。


うん。。

おじいさんが
石蹴りけんけんぱ?してるところが、なんか緊張感うまれる

それで
ネロが、次はお前の番だよって
なったところも、なんか微妙な違和感がある。

ネロが、えっ?ってなったところは、
ちょっとツボというか、
確かに、急にえっ?だよねと思った

おじいさんが、いつになく自分ペースというか

それが緊張感。


明日以降は辛くて観られないかも
好きな部分もあるのだけど、
観たくないという感情も湧いてしまう。。