GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

45話 ひとりぼっちのネロ

ゆっくり観ましたー

前半は、
おじいさんを想う、ネロを慕うメンバーの気持ちが届いて

こちらも、あたたまるし、泣くし


ところが、どっこい後半
いちばん嫌な奴が・・・
ちゃんとお悔やみ的なことを言えたことは、評価してやるよ(上から)

お金のところで
一気に気持ちがにごったし

それまで、おじいさんの残像みたいな部分で、寄りかかるような、暖かさを探していたところだったのに。


そんなとき!
ネロのいちばんの大事なものに
触ろうとして

ネロが触らないでくださいっつって。

うちも、そう思ったもん


ほんと、ネロの感情、本音全開。
よかった。

そのあとのパトラッシュが、もうすごすぎて。

急にごめんなさい、笑ってしまった
パトラッシュが、もう表情とか、やばかったよ?
ハンスがダサくて、動物たち本気見せて、面白くて
すごい気持ちがすっきりした

クロも、とにかくノリを合わせていた。


そして!
これが、フランダースの犬の決まり!
みたいな感じで、ワンクッションない感じで、新しい展開に。

ジョルジュが、働きにいっちまうなんて

やっぱりジョルジュがいることで、
こちらも救われてきたから

ネロにとって、よりかかれる存在だったと思う

ポールじゃ、正直、まだ足りないもん


ジョルジュのお祝いをするって手前で、ネロを励まそうとしている2人はやっぱり素敵だよな


今回は
ネロの今まで見せたことない表情もあった

◆ジョルジュにおじいさんのことがわかる場面

なんか必死でごまかしたいけど、泣きそうになる時の顔みたいな

◆土手の花に対して見せた表情
明るさをくれるお花に期待みたいなものを持てなくなったみたいな?花びらが散る感じが、悲しさと重なった?

なんかお花さえ、俺に冷たくするみたいな
お花っていうのは、土手に咲いているお花ね、今。


◆オールバック虚言癖ハンスちゃんに、絵を触られそうになった時

こんな汚い奴に触られたくねぇみたいな

汚れてしまうみたいな


お話の最後の方は、
ほんとジョルジュのおかげで、
お話も明るくなっていったから良かった

ネロが自分が悲しい状況で
ジョルジュに対して
「元気でね、」と言ったそのパワーとかチカラいったかもしれない

タイミング的に、
人のこと応援する余裕なくて当然だからね


ジョルジュが、いなくなるのは、
ほんとうにさびしい。
なんかフォローしてくれる存在失うから。

次回は、穏やかそうな話な感じもあるから楽しみ。