GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

映画『MARCO 母をたずねて三千里』

色味がきれい
特に夕日

エミリオ部分は、カット。

コンチャッタは、ちょっと色気増した。ちょっと魔性の女感強。

マルコの声だけ慣れなかった

ロッキーとレオナルドコック長様、わたしの中で再会できて嬉しい。レオナルドコック長様の声が阿笠博士

途中、洋楽と船の遠くからの画面で、タイタニック的な雰囲気。

移動の時に、地図表れるのとても勉強なる。地名もうれしい。

チャオチャオチャオ!

映画特別
コンチャッタの具合から
コンチャッタは、あのひとの街へいく、どうなんのよ!ハート

そこからアニメと若干展開変わりつつ、たどり着くのはイタリアの星。

パブロがサトシ!!?
ぽい声に一瞬感じた

パブロに会うまでの流れがめちゃめちゃはやい


パブロのところは、やっぱり大事に描かれている。。
パブロがお金の代わりに、助けてもらった気持ちの代わりにできること、それがとても伝わる

そこから物語は、
とても進むことや歩くことにチカラいれている感じ

ドンキーちゃん、バーサマ現れていないよね?!
だんだん別作業しながら、映画見だしてた。。
バーサマあってのマルコの旅なんじゃないの?

アニメ1話から52話のどっぷり感の方が、こちらの見届け感もあると思う。かなり映画だと、はやく感じる。

う、うん。うーん。う、うーん。

キャアアありおおお~↑ん



はっきり言って、
ちょっとあっさりして盛り上がらなかった。
大人マルコも、イメージが違うから落胆ありからのスタート。

母をたずねて三千里は、
アニメ1話から52話をおすすめしたい。

マルコ、
改めてジェノバ無事に到着、おめでとう。