GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

50話と51話 母をたずねて三千里

◎51話
『走れマルコ!』

イメージ 1


◎52話
『とうとうかあさんに』

イメージ 2



ついに、ここまで着ました。
このブログ記入後、
気持ちをちょっとセットして、
最終回までいきます。


51話は、
50話の倒れたところから51話じゃなくて、もう助かったところからスタートしました。
ちょっと安心飛び越えて、あっ!もう、そうなんだ!と思った。

色んな人に助けられてるマルコ

出てくる人、特に旅人が、みなさんほんとかっこいいよ

51話のおじいさんの孫の男性は、ややジョーダンがわかりづらいタイプだった。感情表現が一定で。

靴の描かれ方が、ポイントですね~
一歩一歩を強く感じさせます。

◎52話、ついに!ついに!
かあさんに!
かあさんのいるところ、最後のほうは、自力でon foot.

かあさんの姿が、初めて見た時の大きさのインパクトもなく、ほんとうにかあさんなの?と思うくらいの変化だった

アンナが目を開けるまで、目を開けてからで、一気に、こちらも感情がぶわぁとなりました。
それは、目を開けて、やっとマルちゃんを認識できたこと、マルちゃんに気づいたことがうれしいっていう感情ぶわぁです
マルちゃん、がんばったんだよ、ここまで!アンナ!!

眠って見る「夢」の表現を大事にしている作品だなって、思いました
どこかの回で、もうひとりのかあさん?かな、とても怖い夢の描かれ方があったけど、

「夢」を通じて、精神世界を描いている。



いよいよ!もうすぐ!最終話!