GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

31話と32話と33話 母をたずねて三千里

※前回書いたブログ話数間違えました!
正しくは、
29話『雪がふる』
30話『老ガウチョカルロス』
で、そして↓につづきます



イメージ 1



◎31話『ながい夜』
◎32話『さよならといえたら』
◎33話『かあさんがいない』

一気に観ました~
31話から33話まで、
ノンストップで観たくなる内容。
33話まで来て、次34話は、ちょっと続けたくなくなった

内容としては、
いよいよいよいよ目的地に着き、かあさんに会える期待感の中で
ペッピーノファミリーとマルコの色んな話って感じかな

コンチェッタの魅力は日に日にあがってます!

33話、よかったなあ~
マルコの感情が爆発するところ
わかる。わかる。
それで「呪われてるんだ」発言。
よかった。

呪われてるかもしれないって、時期ってあったもん。ない?
なんか人には言いたくないけど。
マルコが、その状態に陥る、そういう思いに支配される場面を見れて、同じような人いて救われた。

探していた人間の特徴も語れないなんて恥ずかしいでしょ。ただ勢いで来てしまってる、って感じた。
でも、なんかああいう思い切ったけど、何も答えられないような場面になっちゃう感じ、居心地悪い気まずい感じも伝わって来て苦しかった。
怒り泣きみたいな。

フィオリーナのやさしさあって、ぶつけられる場所があって、
マルコが久しぶりに爆発してたね。

ただ、そこから
すぐまた戻りたいって、なっちゃって、およよ!!

ちょっと疲れちゃう。

ここに来なきゃよかったみたいなことも言ってて、そういう気持ちも、とても理解した。

ゆっくりまず一晩寝たほうがいいよ、疲れてるから。
それで、しばらくバイアブランカにいてもいいんじゃないかな
そこで一回家に手紙出して、家から返事来るくらいまで待ってちゃだめ?

思ったけど、
今後かあさんに会えたとして、
かあさんが音信不通になった理由が、もし明らかになっても、
わたし納得できるかな。
なんかかあさんの一通の手紙がないことで、壮大なことが始まっちゃって、マルコも相当苦しんじゃって。

まだまだ、しばらくは会えそうで会えないが続くのだろうね