GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

劇的ビフォーアフターの匠。

癒される時間。

 

匠って、何者なんだろう。

色んな資材を集めて、

ここに活かそうとか、

廃材をもらえそうとか、

どう発想・リサーチするのか。

 

さらには

この土地なら、これを活かしたいという土地に対しての知識。

その人たちと連携する対人能力。

 

 

さらには

緻密に設計する頭脳。

建築基準法を把握しきった記憶力。

 

さらには

それを模型にする手先の器用さなど。

 

なかでも、それらに加え、

生活するひとはこういう気持ちだから

こういうことも起こりうるからっていう、住む人のことを思える心。

 

そもそもそれを聴きながら、引き出しながら依頼者の言葉を汲み取る力。

 

プラス

こうやったら、もっと生活が便利になるっていう未来を予測する想像力。

 

すべて1人でやってはりますの〜🏠?

 

わいは匠に、ただただ感心しながら、

劇的ビフォーアフターの録画を観る時間がすき。

 

どちらかというと広い家や、

自然の中の大きな家より、

 

狭小住宅の話がすき。

 

かつてのリフォームにリフォームを重ね、その組み合わせが大変な状況の今みたいな設定からのスタートもすき。

 

不便な生活からの脱却。

 

単純に家具の置き場などを工夫すれば?と観客として思うこともあるが、

そうも言えない構造問題。

 

だいたい土台などが腐敗している場合が多い。原因は、主に雨。

腐敗した土台に新しい柱などを、職人さんがトントンとハンマーで、あてがっていくようなシーンもすき。

 

完全にゼロにしない…

元々あるものを活かすところは活かしていて、それがおもしろい。

 

 

劇的ビフォーアフターって、そういうことよ。

(個人的見解)