GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

ミステイクなtelephoneが導く場所こそ・・・

きょうはずっと気になっていた眼科に行くことをやっと決意。

数週間前のすごいビジュアル※は回復したものの、

やはり一度気になると違和感や不安もあり。

 

さらにはこの何十年コンタクト処方ついでに眼科で目のシミについて

相談するも、「ああそれは気にしてなくていいから、シミだから」という

answerにわたしはそうか、そういうものなのかと自分を納得させつつも、

やはりどこか不安でしょうがなかった👓

 

[※すごいビジュアルについての記事

すごいビジュアルで面接会、発見したこと。 - GlitterPuzzle’s diary]

 

 

最近初対面で会話をするという場面も増える中で、

今まで慣れ親しんでいた関係の中では気にならなかったけど、

新しい視線の中にいると、自分の目のシミのことも気になってきてしまった。

 

そんなことで、今日は思い立ってめんどくさいけど、

どうせまた「ああそれは気にしてなくていいから、シミだから」と言われるのを承知の上、眼科に行こうと思いましたの。

年内に行っときたいじゃん?

 

Aという眼科でいいかなって

ホームページみてなんかいいと思ったので。

Aという眼科のそばにきたものの場所がわからず、

珍しくすぐさまtelephone

そしたらなんとまあ受付の方が丁寧で、気分いいし

道案内をしていただく。

telephoneで道案内って「はい、はい」って反応はするんだけど、

本当はそんなにその情報についていけていなかったりもする。

わかってる風にしなきゃっていう変な遠慮?

 

ま、そんなこんなでtelephoneからの情報と

ホームページから知りえたAという場所の眼科の情報が

明らかに異なると気づき。

 

telephoneの素晴らしい対応で心がそちらへ向いたので

わたしは結局そちらに行くことにしました。

そちらの場所をBと呼びますね。

 

Bという場所は、ああいかにも昭和。

ALWAYSのような医院だった。

怖い先生が現れ、

「ああ~それはシミだから」そういうイメージも予想しました。

 

そしたら、なんとまあ物腰の柔らかいお医者様で。

わたくしがいままでお話した中で、いちばんくらいにやさしい。

 

問診表に「シミが気になる」と書いたのを

 

「ゴミが気になるの?」と読み違えたり、読み違えに気づいたら

笑顔に謝罪などで、不安感も一気になくなっていく。

 

あっ、この人は真剣に向き合ってくれる、気がすると。

 

それで、いろいろ

Bのお医者様とかなり顔が近づきながらも、

色々診てもらいました。

 

結局Bのお医者様は、

「正直僕はこのことについては詳しくない。」と話され、

Cの病院へ行くこととなりました。

 

たらいまわし

そんな風な気分には一切なりません。

 

まずしっかり診てくれた上で、

このことについてはCの医院が詳しいよ、って感じで教えてくれました。

そういうご案内も助かったし、何よりもわからないなら詳しくないって

言ってくれて、

予想していた「気にしなくていい」とかじゃなかったので、

わたしは今まで不安に思っていたことが少し軽くなりました。

 

その足で

Cの医院にtelephone

今度はやや受付の方に不安を覚えるものの、

あの先生の紹介なら・・・ということで

そのまま電車でそちらへ行くことにしました

(フットワークの軽さ)

 

Cの先生もしっかり向き合ってくれて、

わたしの質問攻めにも丁寧に対応してくださり。

 

本当に悩んでいるなら

Dという場所を紹介するよ、とも教えてくれました。

 

その時も、たらいまわしとかそういう気分には一切ならなくて

「いざとなったら、そこに行けばいいんだ。」と思えましたし。

その先生も、またそういう気持ちになったら、

まずきて、変化をみていこうと言ってくれたりと。

 

わたしは、この何十年

「気にしなくていい」と言われていたこと、問題について

 

一気に気持ちが楽になったし、

何かあればそこに行こうって場所もわかったから、

ほんとうに安心した。

 

今のところ、大きな問題は何もないんだけど、

ただ気持ちとして、その自分の見た目からの印象が気になってしまっているって感じです。特にそれが最近窮まってきてしまって👓

 

眼科のことは、やっぱ

コンタクトの処方ついでの眼科じゃなくて

しっかり診てもらえる場所がいいかも。

 

とはいえ、コンタクトの処方ついでじゃなくても、

何度か眼科行ったことあったけど、これまでは

「気にしなくていい」のanswerだけだったから。

(気にしているから来てんだろって)

多分あんまり詳しくない方々だったんだろうね。

 

ほんとうに今日はよかった。

まずA→B→C→いざというときD

 

 

Aを目指してのミステイクなtelephoneが何よりも

心を安心させるanswerに導いてくれた気がする。

 

(telephone、answerっていいたい)

 

余談だけど、

処方箋っていうのなんでまあ、あんなに待つのだろう。

マツキヨの処方箋送信っていうアプリ機能も、まああまり使い慣れないし。

待っていると、戻ってきた人が順番の間に入るから、

どんどん遅くなるし。

 

ま、それはいいとして、時間配分を工夫するとし、

わたくしはきょうはひとつ

心を落ち着かせることができたのでした👏

 

ミステイクであっても、

どこかに導かれる場合もあるかもしれない📞

 

トゥルトゥルトゥルー♬(電話音)

f:id:GlitterPuzzle:20191203194939j:plain