GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

女のうしろ姿に。

今日はまえの席の女、まえの職場が同じだった女性に、わたしは喜んで視線を送った。
もちろん声はかけなかった。
もうそういう社交辞令はわたしたちには必要ないだろう…

女は視線を感じながらも、
最後まで目を合わすことはなかった…

まえの女は席を立ち、そのままわたしの肩、数センチ横を通り過ぎて、彼女は電車を降りていく。

代わりに、
わたしは彼女の座っていた席につくやいなや

「アディオス、これまでの過去よ。」

彼女の背中に、そう呟いた。
わたしの過去の嫌な記憶を、まるで彼女が背負って歩いてくれることを期待しながら…

その背中を見つめ、微笑みながら祈った。