GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

49話☆☆☆☆☆

わたしが知っているお話史上最大の感動だったかも。。(1/13現在)

フィリップ弁護士の最後の調査の流れから、パリカールやまた男みたいなルクリおばさんの話題でてきて。懐かしいじゃない!嬉しいじゃない!

そのあと、名前を呼ばれた瞬間、
BGMは無音。←ここの緊張感やばかった。最高。今年一番の最高気分。

そのあとの、ペリーヌが、もうやばい、ばれてしまった、本当のことを言わなければいけないみたいな状態、若干の震え。

そしたら、おじいさまから、
ペリーヌって。しかも良い名前だ、って。すごい嬉しかった。そこでもうおうおう泣いた。←今年一番の最高気分更新。

そのあとの感動から、
テオドールが出てこない感じも、ありがとう。今はいらないから。
今はビルフランとペリーヌの本当の出会いに浸りたいから。。

幸せの涙が、雪で表現されていた
なぜ~

凍っていたものが、落ちてきた感じ?!そこらへんは深く考えずに。

タイトルも「幸せの涙が流れる時」って、今までにない詩人テイストじゃん。最高に良かった。
全くこの展開は想像できませんでした!!そして素直にこのペリーヌの幸せを受け入れられる。。