GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

10話『写真機どろぼう』

イメージ 1


ペリーヌ、ぐいぐい
大人にも負けないで、きつくて、かっこよかった。プライドあると思った。

でも、ペリーヌおかあさんは、
ペリーヌに優しさを教えてた
まずペリーヌを認めてから、褒めてからの、直した方がいい点を伝えるアプローチだったね

とても良い言葉だとは思ったけど、わたしにはあまり届かなかった

意地悪な奴は優しくしたら調子乗ると思うから。もっと意地悪してくる。



マルセルは、親子で話したい時間も必要だと察して、散歩行ったのかと思った。マルセルは、そういう空気読む奴だと思う。

ペリーヌおかあさんのあり方は、生き方は、子どもたちが見る世界名作劇場に必要なものだとは思った

けど、そんなことしたって、結局、あの写真屋はまた裏切るんじゃない、とか色々思っちゃった

とても素敵な回ですのに、
揚げ足とっちゃう。素直にみられなかった。どうしても。

きつい、強気なペリーヌも、わたしは好きだな。

ペリーヌおかあさんは、
どんどん大人として、母として、また自分の役割を思い出して、優しさもあって。

次回いよいよ
『バロンがんばる』だね!