GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

Excelと英語力の圧clear

はい、役立ちました。

Excelの圧を見事に強気でclearしました。

 

「関数できますか?」

「はいできます。(わからないのは)本を見ながらなら)」

と答えました、答えることができました。

 

これまでなら「関数」というwordに萎縮してしまいましたが、

以前読んだ本のおかげもあり、

実際「関数」はやってきたこともあったし、

いろいろ調べに調べれば求められていることもできなくはない(本人談)

 

なのでその場でおどおどせずに、自信をもって答えられました。

(後々困らない範囲で)

 

さらに別のところでは

英語は必須ではないけど、

英語力を問われました。

「単語でなんとか会話を続けられます。」(強気の姿勢)

実際これも事実で単語やメモがあれば

どんな国の方とも最低限やりとりしてきた過去もありました。

(販売時代)

なので小さな事実としてはありましたので、

強気に答えられましたね。

 

今まで、特に去年だと

「パーフェクトな結果があって、やっとできると答えていいこと」という認識があったので、変な謙遜も生まれてしまいがちでした。

 

今回は最低限やってきたこと、事実があることは

自信もって答えてよいと思えたので、自然に言葉を出すことができましたね。

 

よかったよかった。

 

もちろん言ったからには後々困らない範囲でと、

さらなる飛躍(スモールステップで)は目指したいですね。

 

以上