GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

高圧的なお客様へパワーをあげる

いやいや、どうもこんばんわ。

高圧的なお客様との遭遇率の高さ。

 

高圧的なお客様がそばに現れたとき、

そのそばにいたお客様はわたしです。

 

「ほかの薬局はもっとはええよ。仕事中なんだよ。もうほかのところ行くわ」

だって。

 

こわあ。うわあ。

 

ちなみに場所は、調剤薬局です。

わたしは自分の要件は済んだのだけど、

お薬手帳の疑問について、薬剤師さんに質問攻めしていました。

薬剤師さんは、丁寧にいろいろ教えてくれて。

それでも疑問が解決せず奥から違う方も現れて、対応してくださり。

ものすごい丁寧にお薬手帳のことわかった。ありがとうございます。

 

そんで薬剤師さんとのやり取りの中で、高圧的なお客様がいらっしゃるじゃないですか。

 

明らかに薬剤師さんの手を止めて、時間を割いていたのはわたしなんだけどさ〜おそらく。

 

そんなに怒らないで上げて!

たしかにここの調剤薬局遅いときもあるけど〜

 

そんなに高圧的に生きてなんなの?

まじ側から見てたわたしから、

その高圧的な方にパワー送っといたから!

気をつけて帰ってね!これからもよろしくね!

 

お薬手帳のことがわかって、すっきり。

ただそのあと食べたラーメン屋もピリピリモードで。

 

さいきん世の中ピリついていると思った。

それかわたしが遭遇率高いか、

それかそういう場面キャッチしやすいのか。

 

おやすみなさい。