GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

スカーレットの感想を見る楽しみ

スカーレットの感想読むのが、おもしろい。

気づかなかった視点を知ることもしばしば。

 

はたまた当たり前のように気づかなったこともしばしば。

 

「わたしの言っていること間違っている?」

ああ。言われてきついのもわかったけど、

自分が結構よくいうwordだなと思い、

なんともいたたまれない気持ちに。

だからこそ、なんか普通に違和感なかったのかな。

感想見て、あっっ....て思ったかも。

 

ふふふ。

 

ジョージの要素が喜美子に現れてきているって感想を見たときに、

あああ、そういう考え、見方が一切自分は生まれてこなかったなと思った。

 

色んな感想を見ると、

濃かった塊の絵具が水で薄まる感じもある。

(ちょっと芸術的な発言を盛り込んでくる)

 

うん。

 

この前喜美子が、

「一緒に」って言ってくれたのが、せめて救いだったと話したけど、

それはあの口調であの言葉の流れで、

「一緒に」っていう考えが喜美子にあってのセリフなんだなって、

思ったら、救いって思ったけど。

 

その「一緒に」っていうのが、逆に八郎を苦しめているっていう、ことも

考えられるんだなって。

 

確かに、年末ごろにわたしも

「一緒にとかなんちゃら、もっとすごいでしょって、言われている気持ちになるんだよ。」みたいな発言を残してしまったんだけど。

そういう気持ちかもしんない。

 

うん。その瞬間誰をどこを見ているかで、変わるね。

受け取る部分が。

 

おもしろいわ~~😸

f:id:GlitterPuzzle:20200113202747j:plain