GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

朝ドラ『スカーレット』83話「新しい風が吹いて」

いやいやいや、どうも

ありがとうございます。

 

百合子と信作💕劇場。

手をつないじゃったり、つながったり。

おみくじで盛り上がったり。

ぷふふ。

おみくじの結果が本当になりませんように。

信作からのストレートな言葉を導き出すための、

きっかけを作った文言にすぎませんように。

 

八郎たちの空気みていても、なんか楽しめないので、

百合子と信作のぽかぽかなどきどきなところに

気持ちが癒されますよ~~♨

 

f:id:GlitterPuzzle:20200108103729j:plain

ひゅ~~~

そのあたたかさをサンドするように、

また二人はぶつかっているUh~~♬

 

「知らんかったことに気づいてくれた。」

こういうのが心の隙間を埋めていくんじゃないのかな~

「知らんかった。」

こういうのが溝を深めていくんじゃないのかな~

 

 

ああ~喜美子の向き合い方や言葉に

ひやひやしながら見ましたわ。

いま、これに向かって、その作業に向かって

ずっと究めている、悩んでいる、苦しんでいる。

そこにああやって、あの口調で来ると

やっぱより追いつめられるし、否定されているようになるし、

もっと苦しくなるし。

 

「いっしょに。(壊していこう)」

そう一言言ってくれたのは救いだったけど。

 

夫婦間のやりとりなので、わたしがとやかくいうことやないけども。

もっとああいうときは、アロア的な要素を加えて方向転換を促したほうが。

なんて端からみていて、いろいろもやもやするマッチング透視師です。

 

(ここまでは、八郎よりの気持ちがわかるんだけど)

 

 

結局本当に一緒にぶつかってくると面白くないんだよね。

だから伝えるときは、どこか相手をたてながら、

ちょっとかわいがりながら、持ち上げながらみたいな?

めんどくっせ。

なんとなく勝手にああいうタイプは(偏見)↓補足説明します。

 

「ちゃうで。」だってさ。

 

わたしが八郎を見て思い出す人たちがいて。

それは夫婦間ではなく、

単純に職場の同僚っていう存在だったんだけど。

 

八郎がだんだんおもしろくなくなってくる、ってこの前話したのは

その仕事の体験からの言葉なんだけど。

最終的にやっぱり「負けたくない」っていうのを

出してくるのよ。

それが、同僚だからっていうよりは、

「女には負けたくない」っていうのだったのかなあって、

だんだんわかってきたの。

 

っていう、個人的なエピソードがあるもんですから、

より一層あの八郎の雰囲気が苦手なんだよね。

八郎に対して共感できるところもあるんだけど。

 

喜美子は、純粋に

ぶつかってくれているっていうのもわかる。

相手をコントロールしようとか、そういうのがない子じゃん?喜美子って。

 

それがでも、ちょっと二人の隙間を拡げてしまいつつある理由かもしれない。

(個人的見解)

 

 

朝方ね、たくさんスカーレットの感想読んだのね。

とても面白かったです🎨

 

明日もたのしみ!🏺