GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

やりがいなんて、必要ない。

次に進む上で、こちらで話させてください。

 

なんやかんやで仕事に求めることも切り替わって、仕事に求めること、プライベートで楽しむことなんて考え方もでてきて。

 

その中でまた、

仕事探しのヒントとして、

これまでの仕事のやりがいとは?

という質問をもらったけど、

何も出てこなかった。 何も考えられなかった、その時。

 

別に大したことやってこなかったし、

どうせ続けてきたこともないし、

自分の失敗で得られなかったことや、自分の性格で嫌になって続かなくなったり。

 

どうせ、やりがいを起点にしたって仕事見つからないし。

どうせこの年齢だし、女性だし、

数字と性別みたら、

それを超えるアピールするものもないし、

どうせどうせどうせって。

 

 

ある面接で、

まさかの学生時代やりこんだことなんか聞かれて、ありゃあと感じ。

そんな昔に伝えられるものもなかった。

じゃあ今なら伝えられること言えばいいのに、アピール力もなく、

些細なことすぎたら、変に謙遜した。

 

やりがいや、好きなこと起点にしたら、どうせどうせそんなん必要ないし。

 

もっとはやくちゃんと仕事探ししていたら良かったのかなって

ささっといろいろ辞めて、見つけてけばよかったのかなって。

何かずっと小さな頃から続けてきたことやエピソードがあったら、よかったのかなって。

 

 

悲しい。

 

ってそんなちょっとしか面接やら書類送ってないのに、もうこんないろいろ嫌になった。

 

面接でひどいこと言われたわけじゃないけど、やさしい雰囲気だけど、

勝手にそう思い込んで、

どんどん卑屈になった。

 

わたしは20代のとき、

どんどん30代以上の中途採用の人が役割が増えて、もうここじゃ時間かかるなって思って。

そりゃあそれはそういう業界だから、それによって変わるわな。

 

好きなことも気づいてもらって、チャンスも生まれたけど、その途中で美大出身でもっとやってきた人が現れて、そのチャンスはとって代られていった

 

次のところでは、しっかりやる気見てもらって、どんどん役割もチャンスもあったのに、わたしは見合うものを感じられなくて、それを受け取らなかった。

実に矛盾している。

 

めんどくさい

つかれた

 

それで気晴らしに図書館来たけど、

結局手に取ったのは

転職に関する本だった。

微かなやる気は生きている、まだ。

 

今は

サンマルクカフェ☕️で茎って歌聴きながら😿

サンマルクの由来は、

お客様に最高のひとときを伝道したい、とさ。