GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

朝ドラ 『スカーレット』47話「心ゆれる夏」

本日は最後まで文字を打たず、お話を観ることに集中しました👓

随時突っ込むのを我慢我慢。。

f:id:GlitterPuzzle:20191118125243j:plain

 

今回は笑うところがとてもあった。

特にミッコーってなんやのみたいな、首の動かし方とか

服が小さすぎた時のリアクションとかが喜美子おもしろかった。

 

百合子も覚醒したっていうか、二面性発揮?

やっぱ父ちゃん、母ちゃん、喜美子、直子をすべて足してそろえた人格が

現れた感じですね。この方のね、白夜行の時の美しさをまた思い出しました。

 

トシヒコの丸熊陶業への戦略アピールが、ちょっと謎だった。

女性陶芸家っていうのを、そういう目線で、

売ってちゃうの~って、ブランドイメージ?そうやってくの?

そうなんだ、ふーんって思った。(トシヒコに冷たい)

 

照子、おめでたなの?なんなのよ、もう。

フラグっていうんですかね。

喜美子の気持ちに寄り添って、優しいなって思ったら、

ソフトに振り向いて私の顔を立ててって・・・

なん、なんだよ?って思った。

でも、そういうこともあって成り立つ友情っていうのかな。

なんだろう、わからないや。

ごめんなさい照子が関わってくると、あまり冷静に分析できなくなるね。

そのでも貸し借りが変に作用していなくて、真の友情というかね。

もうこのへんで、もうこれ以上いまはでてこないです🍂

 

またまた最後ね、八郎ちゃん?

その表情だけで、何を伝えたいのかね。

絵付けがやりたいって思っているのか、

絵付けを邪道って思っているのか、なんなんでしょう。

色物っぽい記事だったじゃないですか。

そういうところがひっかかているのかしら。

それはトシヒコの戦略だからね!!

 

今日丸熊のお父様とお母様のやりとりの間とかも、おもしろかった。

向こういけや、みたいな。

あとは喜美子のかあちゃんの感極まったとき。

純粋にうれしくなってきていて。

どうしたのよ、急にって感じでかわいかった。

あとはご近所のみなさんで助け合っていて、

がんばって服を組み合わせていてなごんだ👔

 

とてもいい回でした。