GlitterPuzzle’s diary

それで、いいのよ。

ドラマ『愛していると言ってくれ』最終話の感想。

1995年9月5日の手紙を、わたしも忘れることはないでしょう・・・。

 

最後すごいよかった~。

最初の出会いと同じパターンで、最後締めて。

それで、そのあとの会場にズームみたいな。

 

 

でも、いつだったか観たときは、もっと昔で、

この最後の意味全然わからなかった。

えっ?なんなの?みたいな。

なんで最初と同じこと起きているの?って。

タイムスリップ起きたの?って。

 

こう、はっきり結論が見えない終わり方で、

それも、難しかったんだと思う。

この最後のとことは、そんなミステリアスなおぼろげな記憶あります。

小さいとき?観てたのかな?そのくらいの時の記憶だから。

 

この二人のかたちは、この終わり方で良かったなって、

これから先は想像で・・・でいいなって思った。

 

ひろこと、こうじは最初からお互いにほどよく順調だった。

乗り越えてきていた。ただ、その間に出てくる人たちに敵わなかった。

 

前半のほう、関係性をかき乱していた妹ちゃんは、最後二人を繋ぐ役割を果たしていたね。そこに、幼少期のあたたかい思い出ええーー!再び、キツネ登場。

そこの、やっぱ意味がわかるのが家族だし、家族の登場なのかな。

 

ケンちゃんも、最後ケンちゃんらしくて良かった。

ああいうキャラクターって、かっこいいって思う。

ヒーローってかんじ、わたしの中では。

ああいう人って、ドラマの中での偶像というか、

いなくない?とても素敵だと思います。

 

f:id:GlitterPuzzle:20190928013501j:image

 

 

「あなたと私は、そんなに違うの?」っていう、メッセージが

こう、ポジティブな意味合いで使われるのが印象的です。

それで、違うならもっと知りたい、みたいな。

 

そこが、ちょっと泣きそうになりそうだった。泣いてはないんだけど。

 心にぐい、っと来るっていうのかな。締め付けられる感じ。

 

愛していると言ってくれ』観たいと思って、

観始めたんですけど。なんでだろう。

昔、感動していた記憶があるものを、改めて観たかったのかな、わからないけど。

LOVE LOVE LOVEってCDを最初に買ったCDという記憶があって、

ただそれすらも本当は違うかもだけど、ぎょぴんちゃんのCDだったかも。

とにかく、そう思ったんだよね(なにを?)

 

ドラマを観ながら、作品を観ながら、

考察するのがたのしいです(^^)

f:id:GlitterPuzzle:20190928013428j:image

☆すきなフィギュアを使って、

イメージを増やす図☆